不登校の高校生を持つ私の体験記&進路紹介!

学校に通わない子どもの進路を考える

こちらでは息子が不登校だったときに集めた情報を中心として、不登校経験がある高校生の主要な進路を紹介していきます。 

子どもが不登校になった場合、どんな進路が考えられる?

  • 進路1.不登校支援を行っている普通学校

これは、不登校経験者に向けたカリキュラム・制度を整備した普通の高校です。もっとも一般的な進路の1つですが、あくまで普通の高校なので不登校への特別な配慮があるわけではありません。また、一般的に過干渉と言われており、いわゆる学校の管理教育を苦手としている生徒には合わないケースも多いようです。

  • 進路2.通信制高校

自宅学習を主体とする非通学型の高校です。3年以上の在籍と74単位修得をもって卒業となりますが、実際に3年で卒業できる生徒は多くありません。サポート不足の高校が多い中で、いかに学校だけでは解決しない部分を補完するかが重要です。

  • 進路3.全寮制高校・フリースクール

高校生のイラスト生活面も含めて全体的なサポートを行う全寮制高校。通信制やサポート校などと違い、今まで学校で友達ができなかった子でも積極手にコミュニケーション能力が身につく場合もあります。

  • 進路4.サポート校+通信制高校 

サポート校だけでは高校卒業資格は得られないため、やむを得ずこのような形になります。 ただ、通信制の欠点を補っているので向いている人には良いでしょう。

コンテンツ一覧

オススメはサポート校+通信制
こちらでは、不登校経験のある高校生が社会復帰を実現するきっかけとなったサポート校について紹介しています。
不登校支援を行っている普通学校
こちらでは、不登校経験のある高校生の進路として、不登校支援を行っている普通高校を紹介しています。
 
通信制高校
こちらでは、不登校経験のある高校生の進路として考えられる通信制高校について紹介しています。
全寮制高校・フリースクール
こちらでは、不登校経験のある高校生を受け入れている全寮制高校・フリースクールについて紹介しています。
 
 
不登校の高校生を持つ親へのアドバイス » 学校に通わない子どもの進路を考える
不登校の高校生を持つ親へのアドバイス